パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

豊洲市場の主な建物の下は盛土がされておらず、空洞だった」記事へのコメント

  • ということのようです(togetterまとめ [togetter.com])。

    要約すると、

    ・汚染された地下水は埋立地の元々の地面より下の水位で管理される計画で、今回判明した建物地下の空洞よりも下。毛細管現象で上がってこないように砕石層も挟んである。
    ・盛土は土壌汚染が発覚する前からの計画で、高潮・津波への対応が目的。汚染土・汚染水の蓋ではないから、建物の地下になくても問題ない。

    「盛土の意味が伝わっていない」「元々建物の下は盛土をしない建設計画だったのに、全面盛土のように言っていた」という説明責任はありますが、安全性の面でことさら問題視することはないように思いますね。

    • 今までの延期理由だけじゃ安全性の疑問や都民ファーストとか言った所で
      延期にかかる費用、引っ越しに直前で待ったかけたための補填等の莫大な費用にコンセンサスを得るのは難しい
      移転延期決定も豊洲や市場のより良い将来のためってよりも
      慣習に囚われず大鉈振るえる小池アピールみたいな面を強く感じましたしね
      なので、安全性には影響がない表現の差の問題を大袈裟に問題視させて
      移転延期は正しかったのだ、と言った風潮にもって行きたいのでは

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ見習い

処理中...