パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

豊洲市場の主な建物の下は盛土がされておらず、空洞だった」記事へのコメント

  • ということのようです(togetterまとめ [togetter.com])。

    要約すると、

    ・汚染された地下水は埋立地の元々の地面より下の水位で管理される計画で、今回判明した建物地下の空洞よりも下。毛細管現象で上がってこないように砕石層も挟んである。
    ・盛土は土壌汚染が発覚する前からの計画で、高潮・津波への対応が目的。汚染土・汚染水の蓋ではないから、建物の地下になくても問題ない。

    「盛土の意味が伝わっていない」「元々建物の下は盛土をしない建設計画だったのに、全面盛土のように言っていた」という説明責任はありますが、安全性の面でことさら問題視することはないように思いますね。

    • >床下は配管スペースという説明があるようだが、配管はいずれ交換時期も来る。床下の空気は汚染されていないのだろうか。

      建物の下には床下配管スペースがあるのは常識。一般住宅と違って配管を随時メンテナンスができる地下ピットになっていたという話でしょ(その Togetter まとめにある [twitter.com])。

      # どこから読みはじめればいいのか分からないリンク [tokyo.jp]より、PDFでもいいからピンポイントで提言に直接リンク張れよ>タレこみ人

      • by Anonymous Coward

        配管は天井近くにあるけど、高さ4.5mの配管ってメンテも更新も作業効率悪そうだけど、意味あったのかな。

        • Re: (スコア:-1, フレームのもと)

          図面がないから俺に聞かれても分からんが、梁をかわしているはずだから天井すれすれということはないと思うよ。

          • by Anonymous Coward

            図面が無くてわからないくせに、(#3079281) みたいな偉そうにわかってるようなコメントつけてるの?
            わからないなら黙っとけばいいのに。

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

処理中...