パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

米大統領、ノルウェーにF-52戦闘機の納入を開始したと発表」記事へのコメント

  • 昔、ジョンソン大統領が言い間違えたために、ロッキードの超音速偵察機の名前がRS-71からSR-71に変わったことがある。
    ちょっとした言い間違えだから、すぐに訂正すればすむことだったのに、空軍は、最高司令官が間違えたと思われたくないばかりに、21,000枚の図面と書類に書き換え指示を出し、数千ドルの費用がかかった。

    いまなら電子化されているから、置換だけで済むので安上がりだね!

    • 昔、ジョンソン大統領が言い間違えたために、ロッキードの超音速偵察機の名前がRS-71からSR-71に変わったことがある。

      それは間違いで、偵察爆撃ではなく戦略偵察(strategic reconnaissance)の命名を好んだ空軍参謀総長カーチス・ルメイによって、この大統領発表の直前にRS-71からSR-71に命名が変更された [wikipedia.org]、ってことらしいですよ。

      • by Anonymous Coward on 2018年01月14日 9時22分 (#3344217)

        どっちが本当なのかは実はわからん。
        Wikipediaにもあるけど、ジョンソン大統領が間違えたって話の根拠に、SR-71を作ったロッキードのベン・リッチの本が出ているが、ベン・リッチはSR-71の推進装置の空気取り入れ口の可動式弁の担当者なんだよね。
        つまり現場にいた人。
        だから、実際に図面の書き換えがあったなら、知ってる人物なわけだ。
        図面はそれなりの秘密保持が求められるから、バイトに任せて書き換えたってことはない。F-117Aのときは最高機密に指定されてしまい、図面を見るのは二人一組、一人がトイレに行く場合は、図面は片づける必要があったぐらい。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          ああ、勘違いしていた。
          言い間違いではなく、カーチス・ルメイが直前に名前を変えたってことか。

          ルメイとロッキードのスカンクワークスは仲が悪かったので、ただの嫌がらせだったりして?

身近な人の偉大さは半減する -- あるアレゲ人

処理中...