パスワードを忘れた? アカウント作成
183928 story
アメリカ合衆国

献血をすれば、ビール 1 杯無料 106

ストーリー by reo
献血直後じゃダメなのかな 部門より

osakanasan 曰く、

本家 /. 記事ShortNews.com の記事によると、米ワシントン州タコマのカスケード地区血液サービスによる、「献血をしてビールを1杯」というプログラムが好評だそうだ。

これは飲酒可能な 21 歳以上が対象で、献血をしてから 4 時間が経過すると、ビールを 1 パイント (500 ml 弱) 無料でもらえるというもの。

その様子は FoxNews の Across America でも紹介されている (1'05''から) 。今後、対象となる地域を広げていくそうだ。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by argon (3541) on 2010年01月16日 1時32分 (#1703742) 日記

    私は高校生のころから習慣的に献血していますが、体力のない方に勧めることもありませんし、しない人をどうこういうこともありません。
    なにを好き好んで献血するのかと問われることがあるときに答えているのは、
    1. 定期的に無料で血液検査してもらってるのと同じなので、体調管理できること。
    2. 献血手帳の累計献血量が増えていくコレクター的快感。
    3. 古い血を抜いて新しい血が作られることで体の調子がよくなる気がすること。(気のせい)
    4. 献血後の脱力感が快感。(人としてどうかと。)
    です。

    極めて個人的な理由の 3,4 はさておき、1,2 をうまくコーディネートすればリピーターは増えるんじゃないですかね。
    最近は献血カードに記載のIDを用いて過去(平成17年4月以降)の献血履歴と成分分析記録を参照できるサイトを利用できるようになっています。
    https://www.kenketsu.jp/nskc/user/howto.asp [kenketsu.jp]
    もちろんサイトの利用そのものは任意ですが、こういうのはもっとアピールすべきです。

    2006年に従来の献血手帳から献血カードへの切り替えを行ったのですが、これは不満の声も多いようです。
    従来は自分がどのくらい献血したかの記録を見て楽しめたのに、次回献血可能な日付が載ってるシンプルな表示で楽しめないからとも聞きます。
    前述のサイトを見ろということかもしれませんが、献血手帳というアイテムを失って足が遠のいた人もいます。

    まず初体験してもらうことも必要ですが、リピーターを逃がさないための工夫の余地はまだまだあると思います。

  • 昔はお金がもらえたのに。

    • by kojirox (34129) on 2010年01月15日 22時54分 (#1703656)

      ある意味、コレが真理かも。

      血が足り無いのは間違いなくて
      それを補うための努力の方向が正しく向いてきたように思います。

      今までは「献血する人はエラい」という、誰かの主観の押しつけのようなやり方ばかりでしたが
      ちょっとした道徳観やちょっとした名誉なんかが紙くず同然のこの時代
      対価が明確な方が人が集まり、本来の目的は達成できるでしょう。

      ボクもジュースはイラナイけど、ビールなら欲しい。
      初音ミクが欲しい人も一杯いる。

      こういう発想はとても大事なように思いますね。

      親コメント
    • by grobda (4894) on 2010年01月18日 14時16分 (#1704654)

      今は化物語になってます<ステッカー

      献血ベッドにiPodが装備してあって各話OPEDが見られるのはいいんですが、1本(90秒)ごとに選択画面に戻ってしまうのはいかがなものかと。<akiba・f
      400mlだったんで全部見る前に終わりましたけど、成分の人向けに全ムービー連続再生モードとかあってもいいかなと。

      親コメント
  • 体はビールでできている (スコア:2, おもしろおかしい)

    by PEEK (27419) on 2010年01月15日 13時21分 (#1703261) 日記

    片腕から血を抜いてもう一方の腕からビールを注入。

  • 何度も献血してますが
    数ヶ月以内(正確な日数は忘れましたが)に薬を飲んでる人(風邪薬とか)はダメ
    予防注射をした人(その年だったかな?)はダメ
    特定の場所へ特定の年に海外渡航歴がある人や一定の滞在期間がある人はダメ
    そのほか多数
    ってのをクリアして、さらに献血前検査とかで数値が正常なら献血が出来るという感じなので
    新型インフルエンザの予防注射をした人や花粉症とかで薬を飲んだりしている人は
    軒並みアウトとなり献血できませんので結構ハードルは高いです。詳しくはこの辺 [wikipedia.org]
    私は条件はクリアしてますが、時々○○が足りないので今回はダメですねと断られる事もあります。
    私が行くところはお菓子とジュースが食べ放題の飲み放題ですがいつも献血所の玄関には血液型別にいつも数十人分不足してますという風にかかれてます。

    • by Lafiell (6631) on 2010年01月15日 15時59分 (#1703424)

      日本赤十字社 [jrc.or.jp]や大阪府赤十字血液センター [wanonaka.jp]によると、

      数ヶ月以内(正確な日数は忘れましたが)に薬を飲んでる人(風邪薬とか)はダメ

      風邪薬などは服用後3日以上経っている場合、問診を経て判断されるようです。
      Wikipediaに出ている例は極端過ぎます。日本で未承認の抗腫瘍剤まで入ってますよ。。。

      予防注射をした人(その年だったかな?)はダメ

      予防接種の種類によって異なります。インフルエンザ等は接種後24時間経過すれば献血出来るようです。
      最長の期間は確かに1年(B型肝炎ワクチンと抗HBs人免疫グロブリンの併用者、事後狂犬病ワクチンの接種)
      ですが、これらの予防接種を受ける人というのは、既に健康上相当危険な状態にある可能性が高いです。
      1年間待って健康が完全に回復してからと言うのは、常識的な判断でしょう。

      特定の場所へ特定の年に海外渡航歴がある人や一定の滞在期間がある人はダメ

      ここは非常に細かな指定があるので、献血に行ってから該当することが判ってしまった人は
      お気の毒ですね。だんだんと期間や頻度が緩められているようではありますが。

      新型インフルエンザの予防注射をした人や花粉症とかで薬を飲んだりしている人は
      軒並みアウトとなり献血できませんので結構ハードルは高いです。

      確かに、当日インフルエンザの注射をした人は、翌日まで待たないといけませんね。
      花粉症の薬は、市販薬であれば大丈夫です。処方箋で貰っている人は問診があります。

      #金色有功章餅

      親コメント
    • 2009年9月16日に、横浜の献血ルームに電話で問い合わせました(記録が残ってました)。 その時に答えてくださった先生は、以下のようにおっしゃってました。
      • メプチン、フルタイドは問題ない。
      • 抗生剤は72時間以内は献血できない。
      • 市販の風邪薬は24時間以内は献血できない。

      以前は、ぜんそくの薬を処方してもらっていると、献血できませんでしたが、最近は緩和されているようです。 献血したいけど、薬を飲んでいるからな、と思っている方は、気軽に問い合わせをすると、親切に教えてくださいますよ。

      親コメント
    • いまは結構緩和されていると思いきや、いつも行ってたところに電話で聞いてみたら
      どうやらみなさんの言っている内容ともズレている部分があるので場所によって献血出来る条件が違うという事でしょうかね。

      親コメント
    • 個々のケースは他の方がコメントしていますが、その血液が輸血される人の命を左右しかねないことも十分にあり得るので、安全のためにはしっかりハードルを上げておく必要があるわけです。
      過去には血液製剤へのウィルス混入事件もありましたし。
      ありがたい善意ではあっても、その善意に応えるために他の人を危険に晒すわけにはいかないですからね。

      --
      うじゃうじゃ
      親コメント
    • by grobda (4894) on 2010年01月18日 14時56分 (#1704681)

      今の献血条件で一番納得の行かない条件がこれですね。
      当該年に1日でも滞在した人は牛肉の摂取にかかわりなく献血出来ない、っておかしかないか?
      それだったら、過去20杯以上(数字は適当)牛丼食った人の方がBSE感染リスク高いんじゃないか?
      と、いつも思ってます。

      #当時は吉野家だけじゃなく、すき家も松屋も米産牛使ってたよね。

      親コメント
  • 前にアイルランドのドキュメンタリーで見たのですが、アイルランドでは献血するとギネスビールが1パイントもらえるそうで。(昔はイギリスでもやってたという記述も)
    検索するとそういう話は出てくるもののオフィシャルなものは出てこないのでソースはなしで。
    他には検索したらドイツでもビールがもらえるみたいですね。ただしこれは献血ルームで直接サービスするわけではなく、献血者に専用のコインを渡し、それを近くのバーでビールと交換するみたいですが。

  • バドワイザーですか?
    クァーズですか?
    ミラーですか?
    ポートランドですか?
    レイクスターですか?
    ローグですか?
    レッドフックですか?

    # そして最後に「ギネスじゃないとなぁ」と(ry
    ##地域が広がったら、各地のマイクロブルワリーと提携してみてはどうだろう
  • by Anonymous Coward on 2010年01月15日 12時35分 (#1703192)
    献血したことないけど。
  • by Anonymous Coward on 2010年01月15日 13時02分 (#1703233)
    少なくともその日に限っては献血の間隔を守らない人が規制できるんですね。
  • by Anonymous Coward on 2010年01月15日 13時07分 (#1703243)
    「献血後4時間が経過すれば、ビール500ml程度の飲酒は日常生活上影響を与えることはない、というお墨付き」 ということでよろしかったでしょうか?
  • by Anonymous Coward on 2010年01月15日 13時08分 (#1703245)

    もっと健康によさそうなものをプレゼントすればいいのに。
    実際の効果はともかくイメージだけでも。

typodupeerror

あつくて寝られない時はhackしろ! 386BSD(98)はそうやってつくられましたよ? -- あるハッカー

読み込み中...