パスワードを忘れた? アカウント作成
318239 story
変なモノ

「日本語フィボナッチ俳句」誕生 25

ストーリー by reo
季語入れろ季語ォ 部門より

hylom 曰く、

俳句と言えば「5・7・5」という音の数が特徴。これと似た形としてフィボナッチ数列の形で音の数を決める「フィボナッチ俳句」が考案された (Togetter まとめ) 。

海外ではすでに同様のものが考案されているようだが (The Daily Warrior の記事)、日本語では初の試みではないだろうか。

「散る 桜 青空に 舞い降りて昼餉」 (2、3、5、8の形, @kmkmra 氏のつぶやき) など、Togetter まとめには多くの句がまとめられている。「2、3、5、8」という並びはリズムとしても軽妙で、また後半に多くの言葉を詰め込めるので興味深い句が生み出せそうだ。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

読み込み中...