パスワードを忘れた? アカウント作成
319974 story
ロボット

米MLBでロボットが始球式を務める 9

ストーリー by headless
カタパルト 部門より

capra 曰く、

4月20日に行われたメジャーリーグのフィラデルフィア・フィリーズ対ミルウォーキー・ブルワーズの試合で始球式のピッチャーを務めたのは、ロボット「PhillieBot」だった( Science Day at the BallparkHuffPost Sportの記事Philly.comの記事本家/. )。

これは4月15日から28日まで開催されているPhiladelphia Science Festivalで、フィリーズが主催する「Science Day at the Ballpark」の出し物の1つとして行われた。PhillieBotを作ったのはペンシルベニア大学工学大学院の技術者たちで、セグウェイをベースに1ヶ月半かけて組み上げたとのこと。ボールを銃弾のように打ち出すピッチングマシーンとは異なり、PhillieBotは搭載されたアームのオーバースロー動作によりボールを投げる。ボールを受けたのはフィリーズのマスコットPhillie Phanaticだ。PhillieBotの投げるボールは安全を考慮して時速50~60キロ程度に調整されていたが、Phanaticは昨年の始球式でボールを受けそこなって手首を骨折していることもあり、さらにパワーを下げるよう直前になって指示されたとのこと。そのため、投球は残念ながらワイルドピッチとなり、観客のブーイングを浴びる結果になってしまった(動作テスト中の動画)。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。-- Robert C. Pike

読み込み中...