パスワードを忘れた? アカウント作成
13685192 story
医療

28年前になくしたコンタクトレンズが上瞼の組織内で見つかったという症例 10

ストーリー by headless
嚢胞 部門より
28年前になくしたコンタクトレンズが上瞼の組織内で見つかったという英国での症例がBMJで報告されている(BMJ Case ReportsHealthの記事Mashableの記事)。

患者は42歳の女性で、瞼の腫れと眼瞼下垂を訴えて来院。MRI検査で左上瞼にタンパク性の内容物を含む嚢胞が確認される。手術で内容物を取り出したところ、瞼の組織内に酸素透過性ハードコンタクトレンズが取り込まれていたことが判明した。

さらなる問診の結果、患者が14歳の時にバドミントンをプレイしていてシャトルが目を直撃する事故にあっていたことを患者の母親が思い出したという。この時に装用していたコンタクトレンズが見つからなくなっていたが、当時は特に症状がなく、落としたと思っていたそうだ。

患者はこの事故以降コンタクトレンズを使用していないといい、医師は事故の際にコンタクトレンズが左上瞼の中に入り込んだと推測している。しかし、6か月前に症状が現れるまで、28年間一切症状がなかった理由については特定できていないとのこと。

英国では以前、67歳の女性の目から27枚のコンタクトレンズが見つかるという症例も報告されている。Healthの記事ではコンタクトレンズをなくしたと思ったらそのまま代わりを入れたりせず、上瞼を裏返して隠れていないか確認する、生理食塩水で洗い流す、眼科医を受診して確認するなどの対応を推奨している。
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

身近な人の偉大さは半減する -- あるアレゲ人

読み込み中...