パスワードを忘れた? アカウント作成
14135233 story
Windows

Microsoft、SMBv3の脆弱性を修正する更新プログラムを公開 19

ストーリー by headless
修正 部門より
Microsoftは12日、SMBv3(Microsoft Server Message Block 3.1.1)の脆弱性(CVE-2020-0796)を修正する更新プログラム(ビルド18362.720/18363.720)を公開した(KB4551762セキュリティ更新プログラムガイド)。

この脆弱性はSMBv3プロトコルが特定のリクエストを扱う方法に存在するリモートコード実行の脆弱性で、攻撃者が悪用すればSMBサーバー上またはSMBクライアント上でのコード実行が可能になるという。SMBサーバーを攻撃するには細工したパケットを送り付ければよく、SMBクライアントの攻撃では攻撃用のSMBv3サーバーを設置してターゲットに接続させればいい。脆弱性の影響を受けるのはSMBv3圧縮が導入されたバージョン1903以降のWindows 10/Serverのみとなっている。

もともとCVE-2020-0796は3月の月例更新プログラム(KB4540673)で修正予定だったようだ。KB4540673には修正が含まれていなかったのだが、脆弱性情報が予期せず公開されてしまったため、Microsoftは緩和策を含むセキュリティアドバイザリ(ADV200005)を公開していた(Ars Technicaの記事BetaNewsの記事[1][2])。
typodupeerror

犯人は巨人ファンでA型で眼鏡をかけている -- あるハッカー

読み込み中...