パスワードを忘れた? アカウント作成
16672236 story
ニュース

テレビ局による調査時は犬にもCOVID-19ワクチン免除証明書を発行した米テネシー州の医師、免許を自主返納 5

ストーリー by headless
免除 部門より
オンラインで販売されていた COVID-19 ワクチン免除証明書の発行者となっていた米テネシー州の医師が医師免許を自主返納したそうだ (WTVF の記事Ars Technica の記事)。

ワクチン免除証明書は医学的な理由で接種を受けられない人に対して発行されるものだが、何らかの理由で接種を受けたくない人が学校や企業などの接種義務付けを回避するためにも悪用されていた。医師はテネシー州ヘンダーソンビルの MedChoice という会社と協力し、COVID-19 ワクチン免除証明書を発行していたという。同社は「資格を持った医師が個別に検査・署名した手書きのワクチン免除証明書」などと説明していたが、実際に医師が検査を行うことはなく、ウェブフォームで非接種の事情を選択するオプションにチェックを入れるだけだったとのこと。

このようなサービスの存在を知ったテネシー州ナッシュビルのテレビ局 WTVF のジェニファー・クラウス氏は取材のため、およそ 139 ドルを支払って針先を恐れる家族のチャーリーのワクチン免除証明書の取得を試みる。その結果、数日後にはラブラドール・レトリバーのチャーリー宛に手書きのワクチン免除証明書が届いたそうだ。証明書は処方箋のような書式で、「チャーリーはいかなる種類の COVID ワクチンも接種すべきではない」などと書き込まれており、付属のラミネートされたワクチン免除カードには「COVID ワクチン接種の医学的免除を証明する」などと記載されていたという。

州医道審議会の調査により、医師の資格はテネシー州に限られていたが、州外にも証明書が発行されていたことも判明する。審議会では専門家にあるまじき非道徳で非倫理的な行為により州の規則に違反、虚偽の説明により医療行為において詐欺の罪を犯したなどと判断。医師は審議会により医師免許をはく奪されるよりも自主的に返納することを選択したとのことだ。
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2023年06月24日 12時00分 (#4483673)

    犬用のCOVIDワクチンが開発されてない以上、「チャーリーはいかなる種類の COVID ワクチンも接種すべきではない」は正しい

  • by Anonymous Coward on 2023年06月24日 12時32分 (#4483683)

    反ワク界から医師はワクチンから守り救ってくれた、都合の悪い真実を公にしたから処罰された被害者
    とか言って英雄視されそう

    • by albireo (7374) on 2023年06月25日 10時17分 (#4483966) 日記

      「医師免許剥奪ではなく自主的に返納」となったのはそれを防ぐ意図もあると思う。
      だからこそ本人が望んだというより「自主返納すればすでに発行した証明書については免責する」みたいな取引があったのかもしれない。

      --
      うじゃうじゃ
      親コメント
    • by Anonymous Coward

      名簿をクレジットスコア会社に送って500ぐらい数値下げてもらおう。

  • by Anonymous Coward on 2023年06月26日 9時11分 (#4484233)

    すでにコロナウイルスは対策済みにゃ

typodupeerror

身近な人の偉大さは半減する -- あるアレゲ人

読み込み中...