パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

イーロン・マスク、水没したタイの洞窟で救助活動にあたった英国人ダイバーを小児性愛者と呼び、謝罪」記事へのコメント

  • (あいつが変なことを言い出したせいだが挑発に乗ってしまったのですべて)自分が悪い

    • by Anonymous Coward

      日本人みたいに、「私の発言で不快な思いをされた方がいらっしゃったとすれば、お詫びする」と、一見大人の発言だけど「自分は別に悪くないけど、あなたがそういうから謝っとくよ」という、謝ったようで謝っていないテクニックを身につけた方がいいね。

      • by Anonymous Coward

        なんで日本人だけがいうと思い込んだ?
        I apologize if you don't 〜 (もしあなたが〜〜〜なら、謝ります)なんてみんな使ってるだろう

        • by Anonymous Coward

          この謝り方アメリカでも嫌われてて、確か名前が付いてたはずなんだけど思い出せないし検索しても出てこない……

          • Re: (スコア:2, 参考になる)

            by Anonymous Coward

            Nonpology

            nonpology
            An insincere apology or expression of regret, often blaming the aggrieved party for being offended or bringing up an irrelevant topic to distract.
            https://www.urbandictionary.com/define.php?term=nonpology [urbandictionary.com]

            A non-apology apology, sometimes called a nonpology or fauxpology,[1][2] is a statement in the form of an apology that does not express remorse. It is common in both politics and public relations.

            Saying "I'm sorry you feel that way" to someone who has been offended by a statement is a non-apology apology. It does not admit there was anything wrong with the remarks made, and may imply the person took offense for hypersensitive or irrational reasons. Another form of non-apology does not apologize directly to the injured or insulted party, but generically "to anyone who might have been offended".[3]
            https://en.wikipedia.org/wiki/Non-apology_apology [wikipedia.org]

長期的な見通しやビジョンはあえて持たないようにしてる -- Linus Torvalds

処理中...